展示紹介

展示の感想? 展示のレビュー? 書く意味を深めること|活動日記:2023年1月16日

投稿日:2023-01-16 更新日:

展示の感想? 展示のレビュー? 書く意味を深めること|『ハート・トゥ・アート』活動日記:2023年1月16日
————————————————
2023年01月16日の『ハート・トゥ・アート』活動日記です(12/300)。
————————————————

表現者の言葉と活動報告を絡めた日記です。簡単でも、短くても、活動の一環として雑文を積み上げて(更新して)いきます。「12/300」というのは、「毎日は無理だけど、2023年には300回くらいは書きたいな」という願望が込められています。そういうことで今回で12回目の『ハート・トゥ・アート』活動日記です。

 

ちなみにタイトル画像は相馬博さんの個展「悠久と星霜の彼方」で展示されていた作品の一部です。

 

 

・ ・ ・

 

 

昨日の活動日記で書きましたが、やっと15日に2023年最初の展示巡りしました。

 

巡るといっても、数件って感じです。美術愛好家やギャラリー関係者は鬼のように展示を見てらっしゃいます。恐るべしです! 私は数はこなせそうにありません。なので、できるだけ作品との対話を深めていきたいのですが、それもなかなか思うように対話できていません。

 

展示巡りで感じることは多々あるわけですが、それを実際にブログなどに残す作業は、ほんの一部です。16日は相馬博さんの個展「悠久と星霜の彼方」の紹介を書きました

 

まだ展示が始まったばかりなので、サラリと紹介しただけです。現時点で細かく紹介するのは、これから見る人に余計なバイアスを与えてしまいますから。

 

ただの紹介です。感想にもレビューにもなっていないです。

 

それでも時間がかかりました。

 

 

 

展示の感想を書くこと、展示のレビューを書くこと

展示について何かを書く場合(公で発信する場合)、私の場合は「ただの紹介」になりがちです。そして「空虚な感情や属性の形容詞」に偏りがちです。

 

「空虚な感情や属性の形容詞」というのは、『楽しい、嬉しい、苦しい、悲しい、恐ろしい、懐かしい、すごい、ヤバい、恥ずかしい、愛おしい、息苦しい、心地良い、寂しい、くだらない、バカバカしい、面白い、大きい、広い、素晴らしい、荒々しい、奥深い、寒々しい、揺るぎない……』などの表現になります。これはほんの一部で、大真面目にリストアップしたら、それだけで論文が書けるレベルです。

 

「ただの紹介」というのは、無難です。

 

「無難」というのは、平凡でまずまず無事といったものです。欠点もないが、優れてもいないさまです。

 

もちろん余計な摩擦を作り出す必要はありません。形容詞満載の感想は「悪」ではありません。

 

しかし、馴れ合いの紹介をしていても「先」はありません。

 

 

・ ・ ・

 

 

青山二郎という人物がいます。装丁家であり、美術評論家でもありました。私が尊敬する一人です。

 

小林秀雄をして「あいつだけは天才だ」と言わしめた存在であり、美の巨人とも呼ばれている存在です。

 

日本の美についての随筆を多く残した白洲正子は青山二郎から「発見っていうのは、自分の中に既にあるから発見できる」と言われたことがあるそうです。

 

何かを書くときには、単なる「感想」や「紹介」ではなく、作品と対話して自分の発見を伝える意識が必要で、それこそが「レビュー」であり、できることならば私も「無難」の枠を乗り越えて「レビュー」の方向に進む必要がありそうです。

 

「レビュー」的な意識の積み重ねが、文化の広がりや成熟を後押しすることになるのではないでしょうか。

 

こういうことを考えたり、調べてみると時間がかかりますね。

 

 

 

展示レビューを書くための心構えとは……

最後にザックリと展示レビューを書くための必要な心構えをキーワード的な備忘録として箇条書きにしておきます。

 

あくまでも個人的なメモ書きです。

 

<展示レビューを書くための心構えメモ>

・自分の発見を伝える
・安易に他と比較しない
・空虚な感情や属性の形容詞は極力減らす
・「事実・感情・思考判断」を切り分ける
・感情は大事だが、感情を真っ先に伝えることなかれ
・先人の見出した法則を学ぶことが重要
・時代性や環境などの背景も視野に入れる
・モノを見る視点の位置を明確に
・難しい言葉は使わない
・難解な文章はゴミだと心得る
・発見なり評価点を明確にする
・評価の理由を明確にする
・評価は点数をつけることではない
・別の視点や、正反対の意見も入れて客観性を出す
・属性(色や形、大きさ、高さなど)は数値などで示す
・属性などは主観的であってはならない
・配置や空間などの全体設計、作品のミクロとマクロを把握する
・自分なりに作品と展示の意図を想像する
・作品の現在・過去・未来を俯瞰する

 

……ここでストップ。カットアウト。時間切れ。

 

相馬博さんの展示「悠久と星霜の彼方」紹介は、さらに掘り下げていきますが、自分なりに視点や思考を見直す必要がありそうです。

 

では、今日はここまで!

 

2023年1月16日(月)

 

以上

 

 

今回の記事は以上となります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
━━━━━━━━━━━━

【発行責任】
『ハート・トゥ・アート』(渡辺)
http://www.heart-to-art.net/

◆ツイッター: https://twitter.com/heart__to__art
◆facebookページ: https://www.facebook.com/HEARTtoART

記事に関するお問い合わせ・ご意見は下記からどうぞ
http://www.heart-to-art.net/heart_to_art_contact.html

 

ボランティアサポーター募集中です
『ハート・トゥ・アート』の活動に興味を持ってくださった方のご連絡をお待ちしております。住んでる場所は杉並に限らず、国内外は問いません。もちろん年齢、性別なども特別な規定ありません。好奇心がい方、大歓迎です。関わってくださった人にとってプラスになるような形を考えながら関係を深めていきたいです。イベント制作の相談、企画、協力なども可能な範囲で行っております。また、『ハート・トゥ・アート』活動のサポーターも随時募集中。面白い人たちと面白いことをやりたい人は渡辺までご連絡ください。
http://www.heart-to-art.net/heart_to_art_contact.html

 

facebookページ チェックしてください
facebookページでは、タイムラインに流れてきたお世話になった作家さん情報&ハート・トゥ・アート開催情報をシェアしたりしています。

━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-展示紹介
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【山口真和個展「Nightgazer」】神宮前GALLERY KTO/2022年04月23日〜05月15日

【山口真和個展「Nightgazer」】神宮前GALLERY KTO/2022年04月23日〜05月15日

  『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。展示紹介です。     目次1 【山口真和個展「Nightgazer」】神宮前GALLERY KT …

【谷苑子個展「のーのーの吹くところ」】7月15日より南青山ギャラリーストークスにて

【谷苑子個展「のーのーの吹くところ」】7月15日より南青山ギャラリーストークスにて

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。7月15日(水)より、南青山ギャラリーストークスにて谷苑子さんが個展「のーのーの吹くところ」を開催します。 谷さんにとっては3年ぶり …

【2023年01月05日】アート関連ニュース(ギャラリー展示情報ほか)

【2023年01月05日】アート関連ニュース(ギャラリー展示情報ほか)

——————————————&# …

【CHIKO TAKEI SOLO EXHIBITION 武井地子 個展】JAPAN ART 2018.11 銀座K's Gallery

【CHIKO TAKEI SOLO EXHIBITION 武井地子 個展】JAPAN ART 2018.11 銀座K’s Gallery

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。一年ぶりに武井地子さんの展示を拝見しました。今年はかなり例年よりも精力的に活動されているようです。3週間くらい海外で制作して展示した …

【西川由里子 個展】高円寺・BLANK/2022年08月09日〜08月21日

【西川由里子 個展】高円寺・BLANK/2022年08月09日〜08月21日

  『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。展示紹介です。     目次1 【西川由里子 個展】高円寺・BLANK/2022年08月09日〜0 …

関連コンテンツ



プロフィール

『ハート・トゥ・アート』渡辺です。どうぞよろしくお願いいたします。イラストは如月愛さんが描いてくれた「まんまる似顔絵@なべバージョン」です。

地域密着型アートフリマの老舗的存在である『ハート・トゥ・アート』代表。アート全般の情報から、『ハート・トゥ・アート』でお世話になったアーティストさんたちの展示&イベント情報、活動日記など、表現活動にまつわることを中心に記事にしています。

>>『ハート・トゥ・アート』詳細

>>お問い合わせ

>>プロフィール

(連載)めざせマスカラス! ファイティングアーティストのセルフプロデュース術
(不定期連載)展覧会情報 レビュー/プレビュー



Translate This site(Google Translate)

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031