展示紹介

【sio.個展「プシケ」】清澄白河Melt Meri/2022年06月18日〜06月28日

投稿日:2022-06-19 更新日:

【sio.個展「プシケ」】清澄白河Melt Meri/2022年06月18日〜06月28日

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。

 

展示紹介です。

 



 

【sio.個展「プシケ」】清澄白河Melt Meri/2022年06月18日〜06月28日

まずはツイートからご紹介。

 

 

 

あらためてDM画像を。

 

 

【sio.個展「プシケ」】清澄白河Melt Meri/2022年06月18日〜06月28日

 

◯展示会タイトル

『-プシケ-』sio. 個展

ちなみにプシケとは、古代ギリシャ語で「息」から転じて、「魂」「心」といった概念を意味するものです。

 

 

◯会場

清澄白河アートラボ Melt Meri(メルトメリ)

 

 

◯展示期間・時間・休みなど

期間:2022年06月18日(土)〜 2022年06月28日(火)
時間:13:00~19:00(最終日17:00)
休み:水・木曜
入場料:無料

 

 

◯作家プロフィール

画家
Painter、コツブニスト(Tiny 3-dimensional work)心象画、立体
ツイッター:https://twitter.com/sio8goose8sio
インスタ:https://www.instagram.com/sio.painter.tabisurusora/

 

 

◯会場アクセス

住所:東京都江東区白河1-3-13 清洲寮 208
公式サイト:https://www.artlabmeltmeri.com/

 

アクセス:東京メトロ・半蔵門線/都営大江戸線「清澄白河」A3出口から徒歩約2分
https://www.artlabmeltmeri.com/contact-access

 

 



 

 

『-プシケ-』sio. 個展の様子

sio.さんの作品はかなり前から目にはしていました。

 

しかし、主にグループ展などでの可愛らしい猫ちゃん(立体作品)がほとんどだった気がします。

 

平面作品をじっくり拝見したのは、今回が初めてのことです。

 

 

・ ・ ・

 

 

展示会場は、清澄白河「アートラボ Melt Meri(メルトメリ)」。東京都江東区・清州橋通りに面して建っているレトロモダンの集合住宅『清洲寮』にあるギャラリーです。昭和8年(1933年)竣工で、非常に味わい深い建物です。床のタイルや引き戸、部屋の意匠なども楽しめます。展示スペース(部屋)は2箇所。決して広くはないけれど、くつろいだ空間。家にいるような気分で作品を味わうことができます。

 

ちなみに建物のエントランス部分の床は、こんな感じのタイルです。

 

女性のポートレイト作品を集めた内容【sio.個展「プシケ」】清澄白河Melt Meri/集合住宅『清洲寮』の床タイル

 

よく見ると、sio.さんブルーみたいなタイルもあります。

 

わざわざ写真を撮ったのは、sio.さんの展示に触発されたからだと思われます。いつも反省しているのですが、見ているようで見ていないことが多すぎます。善く見ることによって自分が豊かになることは間違いないのに、なかなかできません。そんなときに作家さんの作品と対話すると新しい視点が掘り起こされます。感謝。

 

 

・ ・ ・

 

 

sio.さんの作品は大小……多分、約15点程度が展示されていました。女性のポートレイト作品を集めた内容でした。

 

 

女性のポートレイト作品を集めた内容【sio.個展「プシケ」】清澄白河Melt Meri/2022年06月18日〜06月28日

 

今回の展示は、女性の横顔を描いたDMが非常に印象的でした。

 

女性のポートレイト作品を集めた内容【sio.個展「プシケ」】清澄白河Melt Meri/2022年06月18日〜06月28日

 

接写ではないので、残念ながらこの写真では伝わりませんが、ニードルで削ったタイル模様の背景と人物の凹凸感が、とてもいい雰囲気でした。削り方は……かなり作品に近寄って見るとわかりますが、キッチリと機械にように無機質に彫られたものではありませんでした。補助線を手がかりにしながらフリーハンドで浮き立たせた “ 揺れ ” のあるラインは、動的な印象を与えてくれます。まるでsio.さんの想いが線と同時に浮き上がってくるようでした。

 

マスごとに違った色合いに塗られているタイルから醸し出される雰囲気も穏やかで、時間をかけながら全体の雰囲気を確かめながら丹念に塗り重ねている姿が目に浮かんできます。

 

以前は背景をベタ塗りしていたようですが、本人的にこのモザイク状の背景はかなりしっくりきているようです。タイルはサイズによっても印象はかなり変わってきます。大きさには何パターンかあるようですが、今後のさらなる深化と変化が楽しみです。雑談の流れで、子どもの頃にsio.さんはテレビの画面に目を近づけて見ていたというエピソードを話してくれましたが、無意識で心惹かれたテレビの走査線や画素といった繊細な世界を作品へと昇華させた手応えをsio.さん自身も今回の展示で感じているようでした。

 

今回のモザイク背景はブルー系が中心でしたが、以前には赤系のものもあったようです(2点ほど展示)。今後はどう変化していくのでしょう。どちらかというとsio.さんはシックな方向性が好みのような気がするので、だんだんと色が少なくなっていくような気もします。

 

 

登場するす女性は、静的で、憂いがあり、何かを見通している印象。時間とともに女性たちが成長していくのか、はたまたこのままな変わらないのかが気になりました。個人的には「ぽってり唇」が好き。ほんのわずかな艶っぽさが「変化する未来」を感じさせてくれました。

 

女性のポートレイト作品を集めた内容【sio.個展「プシケ」】清澄白河Melt Meri/2022年06月18日〜06月28日

 

作品の素材は、モデリングペーストとアルキド。とくにアルキドの重ね塗りと透け方が表現の幅を広げている印象。こだわりすぎると情感たっぷりな作品になりそうなので、さじ加減が難しいところかもしれません。見る側は離れて全体面を感じ、徐々に近寄って線を凝視し、さらに線から面へと再び広げながら見ることが楽しめる作品。「あれ? こんな色が使われていたの?」なんて面白さがありました。

 

女性のポートレイト作品を集めた内容【sio.個展「プシケ」】清澄白河Melt Meri/2022年06月18日〜06月28日

 

作品によってはタイル状背景の一部分が人物画よりも若干高い位置にあったり、濃淡をつけたものがありました。これも見る側としては面白いし、作品の印象も変わります、まだまだ深化していく余地がありそうです。

 

 

・ ・ ・

 

 

面白かったのは作品タイトルです。

 

女性のポートレイト作品を集めた内容【sio.個展「プシケ」】清澄白河Melt Meri/2022年06月18日〜06月28日

 

この作品は……

 

たしか……クリームソーダ。

 

「ん? クリームソーダ!? なぜ?」なんて突っ込んでしまいました。話してみると、sio.さんはいろいろとタイトルを考えているようでした。

 

作家さんが作品タイトルを付ける方法はさまざまです。無機質な単語や数字の場合もありますし、詩のように長いこともあります。もちろん作品とリンクする場合もありますし、作品と全然マッチしないけれど深い意味を持たせたケースもあります。

 

言葉は説明です。説明はどうしても先入観を相手に与えてしまいます。

 

だからこそタイトルに悩む作家さんは一定数います。個人的には作家さんが付けるタイトルに注目しつつ作品を見ることも楽しい部分でもあります。

 

 

・ ・ ・

 

 

展示は人物(少女)がほとんどでしたが、まさに「息」のような「魂」のような作品もありました。

 

女性のポートレイト作品を集めた内容【sio.個展「プシケ」】清澄白河Melt Meri/2022年06月18日〜06月28日

 

まさにプシケですね。

 

 

ツイッターから展示の様子をピックアップ

ツイッターで紹介されていた投稿もいくつか紹介しておきます。

 

 

 

奥の空間には、少し前に描かれた作品が飾られてました。タイル状ではない背景の作品も。太陽と月の双子?は物語ができそうな雰囲気でした。

 

 

・ ・ ・

 

 

 

sio.さんといえば、猫ちゃんというイメージが強いのですが、今回の展示は猫ちゃんはほとんど登場していませんでした。だからこそ白猫ちゃんと人物が一緒にいる作品は際立っていました。

 

 

・ ・ ・

 

 

白猫ちゃんと人物の作品、元となったドローイングをsio.さんがセットで投稿されていたので、載せておきます。

 

 

 

 

 

過去のsio.さんの展示(2012年〜2022年)

sio.さんの展示変遷が気になったので調べてみると、「個展なび」に過去の展示が載っていました。リンクを補足しつつ転載しておきます。「ああ、あの展示に出されてたのか……」「あそこで、あの人たちと出していたのね」などと思ったりすると、自分にとっても勉強になります。それにしても2016年から2017年の展示はすごい勢いです。2017年以降はあらためて。やりかけてしまったので、なんとか最後まで確認しつつ載せたいと思います。

 

 

◯2017年〜2022年

あらためて

 

 

◯2016年

2017年創作カレンダー展(coffee & gallery ゑいじう /11月27日〜12月8日)http://blog.livedoor.jp/eijiu/archives/2016-11.html

第4回「着想は眠らない」展(Gallery忘我亭/10月14日〜11月6日)https://monogatarumori2.wixsite.com/bougatei/gallery2016?pgid=j0su35gn-292b152c-746c-49ac-979a-e3b46f04703e

第6回東日本大震災義援展(青梅市立美術館市民ギャラリー/9月17日〜9月25日)https://npo-enza.com/activity/gienten/6th_gienten/

梵寿鋼記念オマージュ展(ドラードギャラリー/9月9日 〜9月16日)http://doradogallery.main.jp/archives/2386

猫おひろめ展(ギャラリー来舎 梅猫庵/8月26日 〜9月11日)https://gallerykiya.jp/?p=971

NEKOISM2016 vol.3rd. 公募展入選作品展(元麻布ギャラリー/8月25日 〜8月29日)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000018161.html

夏を彩る!うちわ展 Part4(art Truth/8月4日 〜8月14日)http://www.yccp.jp/art-truth/exhibition/20160804.shtml

第1回 ハガキサイズのアート展(ドラードギャラリー/7月22日 〜7月29日http://doradogallery.main.jp/archives/2224

第2回 100匹のねこ展(ギャラリー ダダ/7月20日 〜7月26日)https://www.facebook.com/gallerydada/community/

第7回マスだ!展(銀座K’s Gallery/1月7日 〜1月16日)http://ks-g.main.jp/exhibition/20160107/

 

 

◯2015年

夏を彩るうちわ展Part3(art Truth/8月6日 〜7月16日)http://www.yccp.jp/art-truth/exhibition/20150806.shtml

第6回マスだ!展(銀座K’s Gallery/1月8日 〜1月17日)http://ks-g.main.jp/exhibition/20150108/

 

 

◯2014年

アモーレ☆乙女のためのサロン展11月〜幻想狂乱曲〜(アモーレ銀座ギャラリー/11月10日 〜11月23日)

夏を彩るうちわ展Part2(art Truth/8月7日 〜7月17日)http://www.yccp.jp/art-truth/exhibition/20140807.shtml

乙女のためのサロン展7月【恋愛事変】〜酷〜(アモーレ銀座ギャラリー/7月7日 〜7月13日)

 

 

◯2013年

アモーレ大和撫子な乙女たちの描く【花鳥風月】展(アモーレ銀座ギャラリー/3月11日 〜3月17日)

————————————–
2012より発表

 

では!

 

 

今回の記事は以上となります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
━━━━━━━━━━━━

【発行責任】
『ハート・トゥ・アート』(渡辺)
http://www.heart-to-art.net/

◆ツイッター: https://twitter.com/heart__to__art
◆facebookページ: https://www.facebook.com/HEARTtoART

記事に関するお問い合わせ・ご意見は下記からどうぞ
http://www.heart-to-art.net/heart_to_art_contact.html

 

ボランティアサポーター募集中です
『ハート・トゥ・アート』の活動に興味を持ってくださった方のご連絡をお待ちしております。住んでる場所は杉並に限らず、国内外は問いません。もちろん年齢、性別なども特別な規定ありません。好奇心がい方、大歓迎です。関わってくださった人にとってプラスになるような形を考えながら関係を深めていきたいです。イベント制作の相談、企画、協力なども可能な範囲で行っております。また、『ハート・トゥ・アート』活動のサポーターも随時募集中。面白い人たちと面白いことをやりたい人は渡辺までご連絡ください。
http://www.heart-to-art.net/heart_to_art_contact.html

 

facebookページ チェックしてください
facebookページでは、タイムラインに流れてきたお世話になった作家さん情報&ハート・トゥ・アート開催情報をシェアしたりしています。

━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-展示紹介
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「渡辺明+奥村基 二人展」が荻窪で5月7日まで開催中。会場は荻窪のオルタナティブスペース「アートプラットフォーム」

「渡辺明+奥村基 二人展」が荻窪で5月7日まで開催中。あれこれ想像して楽しむことができました

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。5月3日ですか。風雨が強い夜でしたね。「メイストーム」っていうんですか? メイストームなんて気象用語を聞くのは初めてなんですが、前か …

【2021新春展】2021年01月08日からアートコンプレックスセンターにて

【2021新春展】2021年01月08日からアートコンプレックスセンターにて

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。2021年1月08日(金)から日本橋信濃町・アートコンプレックスセンターにて「2021新春展」がスタートします(1月17日まで)。 …

【上野憲男展・銀座K's Gallery】息子・上野透史さんギャラリートーク

【上野憲男展・銀座K’s Gallery】息子・上野透史さんギャラリートーク

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。展示紹介です。   2022年04月04日から銀座K’s Galleryにて画家・上野憲男さんの個展が開催とな …

三鷹「古本カフェ&ギャラリー点滴堂」・企画展『みつあみラプンツェル』

三鷹「古本カフェ&ギャラリー点滴堂」さん、居心地良かった

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。なにげにiTunesの再生回数トップ25を見てみたら、トップはNickelbackの『If Everyone Cared』でした。そ …

「X'mas ACT ARTIST EXHIBITION」展示 ninko ouzouさん どんなときにオレは絵が欲しくなるのか?

三重県志摩市大王町「TOBI hostel & apartments」に第2弾アートルームが!

PLEASE READ this site by 「Google Translate Tool」 Please CLICK! —————&# …

関連コンテンツ



プロフィール

『ハート・トゥ・アート』渡辺です。どうぞよろしくお願いいたします。イラストは如月愛さんが描いてくれた「まんまる似顔絵@なべバージョン」です。

地域密着型アートフリマの老舗的存在である『ハート・トゥ・アート』代表。アート全般の情報から、『ハート・トゥ・アート』でお世話になったアーティストさんたちの展示&イベント情報、活動日記など、表現活動にまつわることを中心に記事にしています。

>>『ハート・トゥ・アート』詳細

>>お問い合わせ

>>プロフィール

(連載)めざせマスカラス! ファイティングアーティストのセルフプロデュース術
(不定期連載)展覧会情報 レビュー/プレビュー



Translate This site(Google Translate)

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930