展示紹介

Yumiko Yamano 写真展 「re-」にて、如月愛さん・小西徹郎さんのパフォーマンス写真が展示

投稿日:2018-04-10 更新日:

Yumiko Yamano 写真展 「re-」にて、如月愛さん・小西徹郎さんのパフォーマンス写真が展示

Yumiko Yamanoさんにとっての初個展。おめでとうございます!

昨年の9月の第16回『ハート・トゥ・アート』で巨大天井画を展示した如月愛さん

その際に行われた小西徹郎さんの演奏とのライブペインティングの様子などを撮影したYumiko Yamanoさんの作品展示(スチール&動画)がゴールデンウィークに行われます。

他にもポートフォリオ「デートなう」などが展示される模様。

今回、Yumiko Yamanoさんにとっての初個展となるそうです。

貴重な機会に『ハート・トゥ・アート』での様子が使われるのは私としても非常に嬉しい限りです。

<Yumiko Yamano 写真展 「re-」>
開催日時:2018年4月28日(土)〜5月3日(木) 13:00〜19:00 (最終日は17:00まで)
会場:フリースペース 緑壱(東京都墨田区緑1-8-3)
アクセス:JR総武線 両国駅(東口)より徒歩7分、大江戸線 両国駅(A5出口)より徒歩5分

詳細はYumiko Yamanoさんの公式サイトをご覧になってください。

 

Yumiko Yamano 写真展 「re-」にて、如月愛さん・小西徹郎さんのパフォーマンス写真が展示

https://www.yumikoyamano.com/

facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/795872513955211/

facebookページ
https://www.facebook.com/yumikoyamano.official/

 

 



 

 

レンズをズームさせずに自ら踏み込む撮影は、独特のダイナミズムやリアル感が生まれる

Yamanoさんのサイトを見ると、「レンズをズームさせずに自ら踏み込んだ撮影」を意識していることが書かれています。これって、なかなかできないんですよね。

カメラマンやっている人ならば、実感できると思います。

ズームはズームの良さがあるんですが、被写体に迫っていく撮影っていうのは独特のダイナミズムが生まれます。

一部の方は知っているとおり、私はなんちゃって編集者です。同時になんちゃってカメラマンでもあります。

初めてまともな会社勤めをした時の社長はカメラマンで、そのアシスタント兼取材であちこちに行きながら写真のイロハを教えてもらいました。

さらに編集者っていうのは多くのカメラマンと仕事ができます。そのおかげで写真の違いの面白さも知りました。

誌面で使う前提なので基本的な構図の指示はこちら主導でしたが、同じような撮影でもそれぞれのカメラマン独特の写真のスタイルっていうのがあります。

事前のセッティングやライティング、細かい設定、現像の指示など、ホントにカメラマンによってかなり違うんです。結果、パッと見は似たような写真でも、仕上がりはいろいろと変わってきます。

 

そこで本題。

当時、私が感じた「レンズをズームさせずに自ら踏み込んだ撮影」の記憶を書いておきます。

社長と海外に行ったときのことです。

社長は「ちょ、ちょっとそこはヤメときましょうよ」と思うような場所もお構いなくズカズカと足を踏み入れていく人でした。

そして気に入った試写体を見つけると、相手のことなどかまわずに身体ごと肉薄していきます。すると被写体の心の動きが表情に出てくるんです。

カメラと対峙することでその人の内面が引き出されていくんですよね。明らかに本人の顔つきや身体、さらに周辺の空気が変わるんです。見ていてハラハラしつつも、非常に面白い経験として脳裏に焼き付いています。

 

それから社長ではありませんが、“脱がしのプロ”みたいなカメラマンと一緒に仕事をしたときにも感じました。

その時には、カメラという魔法の道具で被写体に寄り添いながら魂を抜き取っていくような感じでしたね。

「撮る」ことは、ある意味では、被写体の奥底に眠っている姿(魂?)を「盗る」ってことでもあるのかなぁ。。。なんて感じました。

被写体によっては迫ることがマイナスに作用する場合もありますが、カメラマンが身体ごと被写体に迫っていく写真は、明らかにズームの写真とは違ってきます。※もちろんズームがダメって話ではありません。ズームにはズームの良さがあります。

そういった意味でも、今回どのような作品になっているのか楽しみです。

 

 

会場は両国の住宅街にある一軒家ギャラリー兼フリースペース「緑壱(りょくいち)」

会場は素朴な一軒家のようです。

 

Yumiko Yamano 写真展 「re-」にて、如月愛さん・小西徹郎さんのパフォーマンス写真が展示
ギャラリーサイト:https://ryokuichi.wixsite.com/ryokuichi
facebookページ:https://www.facebook.com/ryokuichi/

近くには赤穂浪士の討ち入りで知られる「本所松坂町公園(吉良上野介屋敷跡)/http://visit-sumida.jp/spot/6175/「すみだ北斎美術館/http://hokusai-museum.jp/なんてのもあります。

合わせて両国を楽しんでみてはいかがでしょう。

 

せっかくなので両国エリア情報を追記してみました。

 

 



 

 

お散歩マップ:両国駅〜すみだ北斎美術館〜「緑壱」〜本所松坂町公園〜隅田川テラス

両国って詳しいですか? 私は両国国技館江戸東京博物館、それから仕事で何度か行ったことがある程度です。

まだまだ未開のエリアです。

せっかくですので両国お散歩などをしようかと思ったりしています。寝坊して挫折するかもしれませんが。

考えているのはこのコース。

雑なマップ案内はお許しを。

お散歩マップ:両国駅〜すみだ北斎美術館〜「緑壱」〜本所松坂町公園〜隅田川テラス

一応、「両国駅〜すみだ北斎美術館〜「緑壱」〜本所松坂町公園〜隅田川テラス」コースを考えています。

でも、どうなるか未定です。スタート時間によるでしょうね。

見所をちょい詳しく紹介しておきますね。

 

すみだ北斎美術館

2016年11月に開館したばかりです。

お散歩マップ:両国駅〜すみだ北斎美術館〜「緑壱」〜本所松坂町公園〜隅田川テラス
By Suginami [CC BY-SA 4.0], from Wikimedia Commons

建物外観がスタイリッシュです。

『富嶽三十六景』『北斎漫画』などで知られる江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎の美術館です。

現在の墨田区亀沢で生誕し88歳で亡くなるまでに90回以上も引っ越ししたそうですが、そのほとんどを墨田エリアで過ごしたそうです。

82歳(数え年83歳)頃の自画像(一部)はこちら。

浮世絵師、葛飾北斎が82歳(数え年83歳)だった頃の自画像
From Wikimedia Commons, the free media repository

ちなみに亡くなったのは1849年5月10日。まもなく命日です。

現在、企画展『変幻自在!北斎のウォーターワールド』開催中です(6月10日まで)。

“グレートウェーブ”葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の展示

「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の展示をメインに、北斎とその一門の描く変幻自在な“グレートウェーブ”を堪能できます。

北斎の波がどのように変化していったかご存じでしょうか? 多分、展示もされていると思いますが、「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」に行き着くまでの北斎の波の変化は勉強になります。

すみだ北斎美術館サイト
http://hokusai-museum.jp/

 

 

本所松坂町公園

かつて吉良上野介屋敷があり、赤穂浪士によって討ち入りが決行された場所です。

お散歩マップ:両国駅〜すみだ北斎美術館〜「緑壱」〜本所松坂町公園〜隅田川テラス
By User:Kentin [GFDL or CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons

 

敷地内にある「吉良上野介の座像」、吉良の首を洗ったとされる「みしるし洗い井戸(首洗いの井戸)」がチェックポイントです。非常に狭い敷地だそうですが、これは町の有志が史実を後世に伝えるために土地を買い集めて作られたそうです。

すみだ観光サイト〜吉良邸跡(本所松坂町公園)
http://visit-sumida.jp/spot/6175/

 

 

隅田川テラス〜「隅田川こいのぼりフェスティバル」開催中

隅田川テラスは、隅田川両岸に沿って整備された親水テラスのことです。

お散歩マップ:両国駅〜すみだ北斎美術館〜「緑壱」〜本所松坂町公園〜隅田川テラス
隅田川と隅田川テラス(白髭西地区)
From Wikimedia Commons, the free media repository

4月28日(土)から5月5日(土)の期間は「隅田川こいのぼりフェスティバル」が開催されてます。

 

楽しそうです。

時間に余裕があったら、永代橋あたりまで歩こうかと思います。5キロくらい? 1時間半コース?

考えていたら、挫折しそうな気がしてきました(苦笑)。

せっかくのゴールデンウィークですから、普段できないことをして楽しみましょう。

 

つか、誰か一緒に行きます?

 

ここでつぶやいてどうする……(苦笑)。

実際、明日(28日)に行くと思うけど、他も行きたいから駆け足になっちゃいそうな予感もします。

 

じゃ! また!

 

宣伝
よかったら「いいね!」「フォロー」をよろしくお願いいたします。すごく励みになります。次回の開催情報もイチ早くお伝えします。

ハート・トゥ・アート facebookページ

ツイッター
https://twitter.com/heart__to__art

『ハート・トゥ・アート』公式サイト
http://www.heart-to-art.net/

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-展示紹介
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「闘争か逃走 Fight / Flight 」展。参加作家:木村宙さん、コヤマイッセーさん、霜焼きトマトさん、橋本佐枝子さん、三ツ井優香さん

内包する問題に作家自身がストレートに向き合った「闘争か逃走 Fight / Flight 」展

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。5月5日ですか。各地で楽しいイベントが行われたことでしょう。笑顔の時間は大切です。。。とはいっても思うようにいかない部分も多々ありま …

「念形師家元 須永健太郎」のライフワーク、「念形」に魅了された

「念形師家元 須永健太郎」のライフワーク、「念形」に魅了された

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。2017年も残り4日ですね。関わってくれた方々に感謝します。ありがとうございます。 藤子・F・不二雄の作品のひとつに『未来の想い出』 …

現在の集大成を展示中! 大阪阿部服J.K.さん個展『Windy&Warm-三寒四温-』は27日(火)まで

現在の集大成を展示中! 大阪阿部服J.K.さん企画展『Windy&Warm-三寒四温-』は27日(火)まで

目次1 大阪市中央区南船場「ai gallery (アイギャラリー)」で27日まで!2 テスト運用〜モーメントでの阿部服とのやりとり3 2018年から2019年にかけて「エコーズ(絵交図)11」でお世 …

勢いと信念が発せられていた卍斎Xさんの展示「HIGH FLYIN DISC」 at 高円寺AMPcafe

勢いと信念が発せられていた卍斎Xさんの展示「HIGH FLYIN DISC」 at 高円寺AMPcafe

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。日々、キャラ転換をめざして片付けとスクワットを続けてながら心身の立て直し中です。 目次1 展示は高円寺AMPcafeで開催中。本日2 …

三鷹「古本カフェ&ギャラリー点滴堂」・企画展『みつあみラプンツェル』

三鷹「古本カフェ&ギャラリー点滴堂」さん、居心地良かった

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。なにげにiTunesの再生回数トップ25を見てみたら、トップはNickelbackの『If Everyone Cared』でした。そ …

スポンサーサイト




プロフィール

『ハート・トゥ・アート』渡辺です。どうぞよろしくお願いいたします。イラストは如月愛さんが描いてくれた「まんまる似顔絵@なべバージョン」です。

地域密着型アートフリマの老舗的存在である『ハート・トゥ・アート』代表。アート全般の情報から、『ハート・トゥ・アート』でお世話になったアーティストさんたちの展示&イベント情報、活動日記など、表現活動にまつわることを中心に記事にしています。

>>『ハート・トゥ・アート』詳細

>>お問い合わせ

>>プロフィール

(連載)めざせマスカラス! ファイティングアーティストのセルフプロデュース術
(不定期連載)展覧会情報 レビュー/プレビュー



Translate This site(Google Translate)

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031