展示紹介

【水森亜土展】歴代グッズ700点超!たっぷりラブリーを堪能して!

投稿日:

【水森亜土展】歴代グッズ700点超!たっぷりラブリーを堪能して!

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__artです。7月1日(水)より、文京区「弥生美術館」にて『いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展』がスタートします。

歌を歌いながらアクリルボードに両手でお絵かきするパフォーマンスで知られる昭和の大人気イラストレーター・水森亜土さんの展示です。今回は「絶対に売らない」と決めている秘蔵の絵画作品やグッズの原画を大公開! 700点を超える歴代の「亜土ちゃんグッズ」が展示されます。ファンならずとも、可愛い物が好きな人は、見逃せない展示です!

 



 

江戸っ子の亜土ちゃん! キャッホーな展覧会!

まずは今回のチラシから見てもらいましょう。

 

【水森亜土展】歴代グッズ700点超!たっぷりラブリーを堪能して!(弥生美術館)
「いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展」(弥生美術館)
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html

 

この作品は、今回の展示のために描き下ろされたものです。タイトルは「日本のド真ン中。室町一ノ一 我が家。(今でも)」

 

どうやら日本橋を描いているようですが、めっちゃモダンに仕上がっています。さすがは亜土ちゃんです。昔と変わらず、トンガッてます。

 

 

 

そもそも亜土ちゃんは、おいくつなの?

アクリル板のイラストで亜土ちゃんが一斉を風靡したのは、昭和40年代の頃です。。。ということは???

 

いったい亜土ちゃんは、おいくつなんでしょう。

 

調べてみると……1939年12月23日生まれの・・・80歳!

 

80歳で健在とはアッパレです!

 

公式サイトのブログ(http://www.adochan.com/news/)を見る限り、相変わらずはっちゃけている感じです。

 

 

<水森亜土展>
会場:弥生美術館
住所:東京都文京区弥生2-4-3
会期:2020年7月1日(水)~10月25日(日)
※入館にはオンラインによる事前予約(日時指定)が必要となります(下記)
開館時間:10:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(ただし8/10・9/21は開館)
8/11(火)、9/1(火)、9/23(水)は臨時休館
料金:一般1000円/大・高生 900円/中・小生500円
※竹久夢二美術館もご覧いただけます。
アクセス:東京メトロ根津駅から徒歩約7分
公式サイト:http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

 

 

<予約はすべてオンラインで>
コロナ感染拡大防止のため「オンラインによる入館事前予約」になります。

*発売スケジュール
毎月1日~15日ご入場分 前の月の25日10時より販売開始
毎月16日~末日ご入場分 同じ月の10日10時より販売開始

*オンライン受付締切
前日の23:59までとなります。

詳細は「再開にあたりご来館のお客様へのお願い(http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/event/event.html)」をご覧になってください。

 

 



『ひみつのアッコちゃん』のエンディング曲 「すきすきソング」

亜土ちゃんはイラストだけではなく、女優業や童謡・アニメソングの歌手、声優、ジャズシンガーなどとして活動を続けてきてます。

 

貴重な「すきすきソング」を歌いながらのイラストパフォーマンス映像がYouTubeにアップされていました。

 

 

イラストを仕上げた後に、スプレーのシンナーについてのトークがナイスです。必要以上に低姿勢でないところが素敵です。

 

 

 

 

亜土ちゃんのオススメグッズ!

アマゾンをチェックすると、亜土ちゃん関連グッズが山ほど出てきます。

まずは亜土ちゃんの秘密がバッチリわかるエッセイ本『右向け〜っ、左!! 』

 

「右向け〜っ、左!!:人と同じでなくっていいじゃない。自分らしく行こう!」水森亜土
右向け〜っ、左!!:人と同じでなくっていいじゃない。自分らしく行こう!
↑クリックすると、アマゾンのページに飛びます。

 

 

歌を歌いながら両手でお絵かきするパフォーマンスで知られる亜土ちゃんは、チャキチャキ江戸っ子のお嬢さまでした。その唯一無二の存在感のヒミツは、ユニークな生い立ちにあったそうです。

 

 

続いては、表紙イラストが素敵な初のオフィシャルブックです。

 

「水森亜土グッズコレクション: いつみても、いつでもラブリー」
水森亜土グッズコレクション: いつみても、いつでもラブリー
↑クリックすると、アマゾンのページに飛びます。

 

いろいろなグッズを見ているだけで楽しくなってくるはずです。

 

 

最後はイラストブック。

 

「水森亜土イラストブック Ado Museum」
水森亜土イラストブック Ado Museum
↑クリックすると、アマゾンのページに飛びます。

 

時代を超えて愛され続ける水森亜土の膨大な作品群から、お宝イラスト93点を一挙公開! しかも、プチポスター、ポストカード、ブックマークのおまけ付きです。

時代を超えて愛されてきた亜土ちゃんイラストの可愛さを、たっぷり堪能してください。

では!

↓[ Googleセレクト 関連コンテンツ ]↓


 

今回の記事は以上となります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
━━━━━━━━━━━━

【発行責任】
『ハート・トゥ・アート』(渡辺)
http://www.heart-to-art.net/

◆ツイッター: https://twitter.com/heart__to__art
◆facebookページ: https://www.facebook.com/HEARTtoART

記事に関するお問い合わせ・ご意見は下記からどうぞ
http://www.heart-to-art.net/heart_to_art_contact.html

 

ボランティアサポーター募集中です
『ハート・トゥ・アート』の活動に興味を持ってくださった方のご連絡をお待ちしております。住んでる場所は杉並に限らず、国内外は問いません。もちろん年齢、性別なども特別な規定ありません。好奇心がい方、大歓迎です。関わってくださった人にとってプラスになるような形を考えながら関係を深めていきたいです。イベント制作の相談、企画、協力なども可能な範囲で行っております。また、『ハート・トゥ・アート』活動のサポーターも随時募集中。面白い人たちと面白いことをやりたい人は渡辺までご連絡ください。
http://www.heart-to-art.net/heart_to_art_contact.html

 

facebookページ チェックしてください
facebookページでは、タイムラインに流れてきたお世話になった作家さん情報&ハート・トゥ・アート開催情報をシェアしたりしています。

━━━━━━━━━━━━

 

【お仕事に絡んだご相談など】

『ハート・トゥ・アート』代表の渡辺は編集者です。紙媒体を中心に約30年の経験を積み重ねてきています。出版社、広告代理店、企業団体、WEBコンテンツ会社等からの依頼で、企画立案から取材・撮影・執筆といった一連の編集制作業務を行います。

アート、エンタメ、伝統文化、人物、施設、福祉&地域関連などの取材経験が豊富です。何かありましたらお気軽に相談ください(下記まで)。
 

『ハート・トゥ・アート』(渡辺)
メール:hiroshi-w@pop02.odn.ne.jp

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-展示紹介
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2022年08月01日】アート関連ニュース(ギャラリー展示情報ほか)

【2022年08月08日】アート関連ニュース(ギャラリー展示情報ほか)

——————————————&# …

スサイタカコさんの個展『アリクイ舌ベロの妄想2』

スサイタカコさんのウョウョなニンギョウたち

月曜日の夜に「第3回東京国際美術祭2017」の流れで相馬博さんと四ツ谷荒木町「番狂せ」へ。その時に撮ってもらった写真を送ってもらったので、展示の感想と合わせてアップしておきますね。   目次 …

【第12回マスだ!展】2021年1月8日から銀座K'sギャラリーにて

【第12回マスだ!展】2021年1月8日から銀座K’sギャラリーにて

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。2021年1月08日(金)から銀座K’sギャラリーにて「第12回マスだ!展」がスタートしています(1月17日まで)。 …

【2022年11月04日】アート関連ニュース(ギャラリー展示情報ほか)

【2022年11月07日】アート関連ニュース(ギャラリー展示情報ほか)

——————————————&# …

2024年1〜12月のギャラリー展示&アート関連情報ニュースです

【2024年2月】ギャラリー展示&アート関連情報ニュース【要チェック】

——————————————&# …

関連コンテンツ



プロフィール

『ハート・トゥ・アート』渡辺です。どうぞよろしくお願いいたします。イラストは如月愛さんが描いてくれた「まんまる似顔絵@なべバージョン」です。

地域密着型アートフリマの老舗的存在である『ハート・トゥ・アート』代表。アート全般の情報から、『ハート・トゥ・アート』でお世話になったアーティストさんたちの展示&イベント情報、活動日記など、表現活動にまつわることを中心に記事にしています。

>>『ハート・トゥ・アート』詳細

>>お問い合わせ

>>プロフィール

(連載)めざせマスカラス! ファイティングアーティストのセルフプロデュース術
(不定期連載)展覧会情報 レビュー/プレビュー



Translate This site(Google Translate)

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031