展示紹介

ペーパークラフト達人! 高橋孝一さんも参加する『ペーパーレストラン2017』

投稿日:

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。11月に突入しましたね。今年も残すところ2ヶ月。さてどうしたものか。何をどうやって表現していきましょうね。

最近、ツイッターで気になったパフォーマンスの映像を紹介しているんですが、大野一雄氏の貴重なインタビューを見つけました。あらためてスケールの大きな生き様を感じさせられました。

 

『ペーパーレストラン2017/神代から尽きぬ月物語』展

 

『りぼん』など、少女雑誌の付録を手がけた高橋孝一さんの作品展

りぼん250万人の乙女が熱中した〜そんなサブタイトルだけでワクワクしてきますよね。

今年の初夏、神楽坂にある株式会社紙宇宙のショールームで雑誌『りぼん』の人気付録20数点が一挙に公開される展示がありました。

 

少女雑誌の付録を手がけた高橋孝一さんの作品展『高橋孝一 付録の構造』

展示されていたのは長年付録を手がけてきた高橋孝一さんの作品。『高橋孝一 付録の構造』というタイトルのとおり、実物のみならず展開図まで展示されるという、ファンにはたまらない内容。

実際、私がお邪魔したときも中年女性が大興奮されていました。

 

少女雑誌の付録を手がけた高橋孝一さんの作品展『高橋孝一 付録の構造』

 

ペンシルボックス、レターラック、ジュエルボックスなどがズラリ。

まだまだ作品はたくさんあるそうなので、来年以降も行われるんじゃないかと思います。

 

 

紙の匠と呼ぶにふさわしい高橋孝一さんは、エネルギッシュな方

会場では引っ張りだこの高橋さんでしたが、少しだけお話を聞かせていただきました。

手がけたのは『りぼん』だけにとどまらず、『なかよし』や『冒険王』など、当時の人気付録をかなり幅広くやられていたそうです。

もちろん付録だけに限らず、ありとあらゆる紙の立体物にいままで関わってきたそうで、現在も非常に意欲的に挑戦を続けていらっしゃいます。

完全に文化系の方かと思いきや、プライベートではハンググライダーをやられるなど、かなりアクティブなことにも挑戦されてきていることを聞いて驚かされました。

 

少女雑誌の付録を手がけた高橋孝一さんの作品展『高橋孝一 付録の構造』

 

現在の紙媒体の置かれている状況は芳しくないです。デジタルの時代は加速し続けています。紙の手作り付録自体が絶滅危惧種みたいになってしまっています。しかし、高橋さんは自分の手を使い、頭を捻りながら付録を作ることの大切さを熱く語られてました。

ホントに同感です。それと同時にロマンチストなんだなぁ。。。なんてふと思ったりしました。

モノ作りのスタンスはいろいろあると思いますが、私はロマンチストだったり、アドベンチャーとかの要素って、すごく大切だと感じています。

 

『ペーパーレストラン2017/神代から尽きぬ月物語』展は11月5日まで開催中

アーティストとして最近の高橋さんが手がけているのは大型立体造形作品。

1メートルを優に超える「観音様」や「かぐや姫」などをスマホ画像で見せてもらいました。

その際に「秋に展示会があるからぜひ!」という話をいただいておりました。

それが『ペーパーレストラン2017/神代から尽きぬ月物語』展。トッパンフォームズ汐留本社1階ホールで11月5日まで行われています。

内容は23人のペーパーアーティストによるオリジナル作品の展示。タイトルの「月」に相応しい作品が並んでいると思います。

出展作家(あいうえお順)秋山美歩/アクツユウト/AJIN/石川日向/北村胡桃木/黒須和清/斉藤卓治/佐倉圭/高橋孝一/高橋洋一・高橋としえ/竹中健志郎/田島司/中村耕二/濱直史/原子大二郎/張江真代/百鬼丸/平塚啓/古橋恵美/ベーネ/松本康孝/幸印/亘理知之

 

『ペーパーレストラン2017/神代から尽きぬ月物語』展は11月5日まで開催中

高橋さんは『鶴の恩返し』をテーマにされています。どんな内容なのか楽しみです。私も期間内にお邪魔したいと思っています。

汐留に遊びに行ったついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

———————————-
『ペーパーレストラン2017/神代から尽きぬ月物語』
日時:2017年10月29日(日)~11月5日(日)
午前10時~午後19時 ※最終日17時終了
入場無料
会場:トッパンフォームズ汐留本社1階ホール
住所:東京都港区東新橋1-7-3
交通:地下鉄&JR「新橋駅」より徒歩約8分、「汐留駅」より徒歩約2分
サイト:http://www.j-papercraft.com/paperrestaurant2017
———————————-

 

<余談>
検索してみると『乙女のふろく―明治 大正 昭和の少女雑誌― (青幻舎ビジュアル文庫シリーズ) 』なんてのがありました。「心のビタミンである叙情性(リリシズム)とロマンチシズムの美がこの書には満ちあふれています」。帯に載っている美輪明宏さんの言葉がいいですね。

 

宣伝
よかったら「いいね!」「フォロー」よろしくお願いいたします。
ハート・トゥ・アート facebookページ
https://www.facebook.com/HEARTtoART

ツイッター
https://twitter.com/heart__to__art

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-展示紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

権藤武彦さんの「サイコロマン」個展へ〜自由が丘「もみの木画廊」

権藤武彦さんの「サイコロマン」個展へ〜自由が丘「もみの木画廊」

PLEASE READ this site by 「Google Translate Tool」 Please CLICK! —————&# …

スサイタカコさん個展「【豆】-マメマメマキマキ- 」。心ニッコリさせられるはず

スサイタカコさん個展「【豆】-マメマメマキマキ- 」。心ニッコリさせられるはず

PLEASE READ this site by 「Google Translate Tool」 Please CLICK! —————&# …

ロッカクアヤコさんの個展「OBSCURA」

密度の濃い一日(高円寺〜原宿〜浜町〜四谷荒木町)

5日は高円寺〜原宿〜浜町〜四谷荒木町と移動。密度の濃い時間だった。 まずは高円寺で髪の毛カット。久しぶり。それにしても白髪がメッチャ増えている。ストレス多いからね。ワカメ食べないと。いや、ゴマか。 髪 …

時間の流れ、歴史の積み重ねと向き合える展示『未象の庭2017―荻野哲哉展』

時間の流れ、歴史の積み重ねと向き合える展示『未象の庭2017―荻野哲哉展』

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。寒いですね。思わずドラッグストアで「ホッカイロ」を箱買いしてしまいました。なんとなく今年は風邪にやられてしまいそうな気がするので、で …

『血塗地獄展(ちまみれじごくてん)』 高円寺Terrapin Station(テラピンステーション)

幻想耽美×ホラー×シリアルキラー=『血塗地獄展』

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。マジでブログアップが遅い。というか、アップロードに時間がかかりすぎでイライラモードです。多分、YOU TUBEのアップロードと同時並 …

スポンサーサイト




プロフィール

『ハート・トゥ・アート』渡辺です。どうぞよろしくお願いいたします。イラストは如月愛さんが描いてくれた「まんまる似顔絵@なべバージョン」です。

地域密着型アートフリマの老舗的存在である『ハート・トゥ・アート』代表。アート全般の情報から、『ハート・トゥ・アート』でお世話になったアーティストさんたちの展示&イベント情報、活動日記など、表現活動にまつわることを中心に記事にしています。

>>『ハート・トゥ・アート』詳細

>>お問い合わせ

>>プロフィール

 

 



Translate This site(Google Translate)