活動日記

イベント・展示のハシゴ 東高円寺〜青山〜銀座〜新宿(後編)

投稿日:2017-06-13 更新日:

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。眠いです。とっても眠いです。逝くところまでは逝きたいと思います。すぐ心折れるでしょうが。

「NPOフェスタ2011」インド料理ユニット「マサラワーラー」で活躍している武田尋善さんが作ったカイブツ?

画像はセシオン杉並で行われた「NPOフェスタ2011」でのミニハートエリアの画像。インド料理ユニット「マサラワーラー」で活躍している武田尋善さんが作ったカイブツ? 見た目は全然違いますが、「魔神バンダー」の特撮映像を彷彿させます。高さは3メートルくらいでしょうか。両目は投光器で光ってます。イベント当日、武田さんはこの中に入って口琴をビヨンビヨンさせてました。※この時の記録→ https://www.facebook.com/pg/HEARTtoART/photos/?tab=album&album_id=190921810993707

 

武永リヨさんの擬人化されたイス作品の魅力

まずは前編の振り返りから。

武永リヨさんの個展@パン・オ・スリール(http://pain-au-sourire.jp/)。

武永リヨさんの個展@パン・オ・スリール

武永さんの作品にはイスが登場します。擬人化したイスを通じて存在、感情などを表現されています。色使いなどは可愛らしいんですが、その奥にはキョーレツな力強さが潜んでいます。ナヨっていません。

パン・オ・スリールではバナナとココナッツのパンをいただきました。おいしいパンは幸せな気分にさせてくれます。

パン・オ・スリールでバナナとココナッツのパン

 

まったく関係ありませんが、「もうやんカレー」http://www.moyan.jp/lunch/)も近くにあります。この日、ちょっと立ち寄ってみましたが。やっぱり行列。いつかカレービュッフェ体験したいです。

もうやんカレー

 

 

アキーラアートアソート展〜権守ひかるさん

青山から銀座へ移動。

銀座ゆう画廊で行われていた「アキーラアートアソート展」の最終日に滑り込みました。

第一の目的は、権守ひかるさんの作品。

権守ひかるさんの作品
これは作品の一部。権守さんは理想的な制作環境にちゃんと自分で誘導できている作家さん、というイメージです。

なによりもACTでの個展『視野の話』(2016年11月)での公開制作が印象に残っています。あまりの素晴らしさに驚かされました。下が公開制作の様子です。

権守ひかる ACTでの個展『視野の話』

彼女に聞いてみると、「来場者の皆さんからエネルギーをいただいたので描けたんです」と話してました。

どうしても脳内で比較してしまいます。この時の作品を超えるインパクトを求めて権守さんの展示を気にし続けるんでしょうね。これからも。楽しみです。

 

新宿二丁目を徘徊するのが、オレ的な儀式

最後は銀座から新宿二丁目へ移動。

新宿二丁目は思い出深いエリアです。

いまでもここに行くと、時間の許す限り徘徊します。オレ的な儀式みたいなものです。

路地を歩き、雑居ビルを覗き、ゲイショップを横目に行ったり来たり。昔は「サカゼン」も必ず寄りました。昔は欲しいものが揃っていて、安く買えました。

いまでも健在なのは「NEW SAZAE」ぐらいです。「69」とか知らないですよね。

「おやじ、涅槃で待つ」の言葉を残して身を投げた沖 雅也さんの養父で知られる日景忠男さんと遭遇したのも懐かしい思い出です。

そんな二丁目で立ち寄るギャラリーは「photographer’s gallery」「ポルトリブレ」

斎藤純彦さんの個展『Orchard』

「photographer’s gallery」では斎藤純彦さんの個展『Orchard』が開催中でした。

実りの時期を外した荒涼とした梨園の風景の展示。無造作とも思える情報過多の作品群に頭が混乱しました。

カッコ良くもないし、ただの雑然とした風景写真ですが、観ていると頭の中がかき回され、奥底に沈殿している何かが舞い、気づけばその何かをすくい出すような気分になっていました。

不思議な気分にさせられました。私は絶対に撮らない写真だったからかもしれません。

斎藤純彦さんと話をすると、ご近所に住んでいたことが発覚。見覚えのある周辺の写真も見せてもらいました。面白い偶然でした。

 

川越ゆりえさんの「むし」 かなり好みです

最後のハイライトはポルトリブレの『新宿スカラベ展』。お目当ては江川慎一郎さんのスペースで展示販売されていた川越ゆりえさんの作品『迷わぬ依存心』。

川越ゆりえさんの作品『迷わぬ依存心』

現在、川越さんは金沢21世紀美術館で9月24日まで展示中。近くの方は見て欲しいです。

「むし」について書き出すと、かなりの分量になるので、あえて何も書きません。ひとつだけ言うとしたら、川越ゆりえさんの「むし」は、かなり好みってことです。

 

さて、強引に締めます。

前編で自分の行動範囲が偏っていると書きましたが、ホントにワンパターンに近いです。少しでも変えていきたいですね。

そのためにはどうすればいいのか。

ショーペンハウアーは「行動範囲が狭いほど幸福が大きくなる」と言っています。反対に少しでもアンパイな部分から抜け出そうとすると、不安や期待が高まると言ってます。

なるほど。

狭い視野を拡げるためにはできる限り不安と期待を追い求めることが必要です。リスク高いですけど。

 

宣伝01ハート・トゥ・アート9月に開催。参加者募集中です。
http://www.heart-to-art.net/heart16.html

 

宣伝02ハート・トゥ・アートのfacebookページもよろしくです〜〜!
お世話になった作家さんの展示情報を中心にシェアもしてます。
https://www.facebook.com/HEARTtoART

 

<余談>
新宿二丁目といえばゲイタウンというイメージでしたが、いまはゲイだけではなくレズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーなども包括した感じなんでしょうか。実際、ゲイとかホモに関して何を知っているかと自問自答してみると、意外と何も知らなかったりします。時間があったら『【図説】ホモセクシャルの世界史』でシッカリと勉強したいところです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-活動日記
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“日本のファーブル”“赤門のシーラカンス”で知られた須田孫七さん、お疲れ様でした……

杉並区の偉人、“永遠の昆虫少年”須田孫七さん逝く。お疲れ様でした……

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。5月4日ですか。天気いいですね。 朝にアップした須田さんの訃報を追記しておきます。私ができることは、須田さんとの思い出を“書ける範囲 …

iMovie編集をやりながら考えた動画編集のコツと作品の魅力

iMovie編集をやりながら考えた動画編集のコツと作品の魅力〜ハート・トゥ・アート活動日記

  目次1 動画編集はコツとルールさえ意識すれば簡単にできる?2 映像完成までの過程でのキモは、構成・シナリオ的な部分3 動画編集のコツとルール4 「作品」としての映像を作る場合、もっとも意 …

今年の「こどもフェア2018」は9月15日(土)開催。サポーターも募集します!

今年の「こどもフェア2018」は9月15日(土)開催。サポーターも募集します!

目次1 毎年恒例!「こどもフェア2018」は高円寺地域区民センター協議会と共催2 タイガーマスク@佐山サトルの四次元殺法は、間違いなくアートだった3 ほとんどの人は静かに夢を手放していくが……4 高円 …

財産をゴミするか宝にするかのカギは片付けにアリ! 片付け作業の隠れた効能とは? 睡眠についての一考

財産をゴミするか宝にするかのカギは片付けにアリ! 片付け作業の隠れた効能とは?

目次1 イチから出直すために、片付けを日課に2 片付けはオレにとっての「三上」。ひらめきをもたらしてくれる3 睡眠は大事だが、覚悟がないと寝られない……という気持ちが死を招く!?4 『スタンフォード式 …

2018年の『ハート・トゥ・アート』イメージは松本大志さんでいかせてもらいます

2018年の『ハート・トゥ・アート』イメージは松本大志さんでいかせてもらいます

ツイッターの画像を少し変えました。     これは前回のハート16でとんでもなくお世話になった松本大志さんの作品を使わせてもらっています(一部/色加工)。   前回のハー …

スポンサーサイト




プロフィール

『ハート・トゥ・アート』渡辺です。どうぞよろしくお願いいたします。イラストは如月愛さんが描いてくれた「まんまる似顔絵@なべバージョン」です。

地域密着型アートフリマの老舗的存在である『ハート・トゥ・アート』代表。アート全般の情報から、『ハート・トゥ・アート』でお世話になったアーティストさんたちの展示&イベント情報、活動日記など、表現活動にまつわることを中心に記事にしています。

>>『ハート・トゥ・アート』詳細

>>お問い合わせ

>>プロフィール

(連載)めざせマスカラス! ファイティングアーティストのセルフプロデュース術
(不定期連載)展覧会情報 レビュー/プレビュー



Translate This site(Google Translate)

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930