展示紹介

【第13回「未来抽象芸術展」-全労済ホール/スペース・ゼロ】7月18日(水)まで開催中

投稿日:

【第13回「未来抽象芸術展」-全労済ホール/スペース・ゼロ】7月18日(水)まで開催中

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。暑いですね。こういうときにはカレーを食べたくなります。さて、全労済ホール/スペース・ゼロで行われている第13回「未来抽象芸術展」に行ってきました。最初は1分だけと立ち寄ったわけですが、結局は1分でおさまるわけもなく……。

 



 

意欲的で“未来”を感じさせる現代美術家の展覧会「未来抽象芸術展」

「未来抽象芸術展」が7月8日(日)からスタートしています。

企画はK’s GalleryTADASUKEさんの「アトリエ芸術道場」。意欲的な現代美術家を集めた展覧会です。

 

【第13回「未来抽象芸術展」-全労済ホール/スペース・ゼロ】7月18日(水)まで開催中

 

初日にはオープニングパーティーと毎年恒例になっているチーム対戦形式の「ライブペインティング」も行われ、大いに盛り上がったようです。

「ライブペインティング」の結果は、K’s Galleryオーナーの増田さんのツイッターで紹介されていましたので、リンクしておきます。ちなみに両作品とも落札されたようです。

 

明日15日には「アーティストトーク」が行われます(15:00~16:00)。参加費は1ドリンク付きで100円です。収益は全額義援金となるそうです。

義援金といえば、会場では義援金に協力してくださった方に作家オリジナルミニ作品をプレゼントしています。ずっと続いている企画です。

知っているファンは「コレ狙い」で会期スタート時に合わせて行きます。こういう企画はアートファンには嬉しい限りです。

 

さて、今回の出展者は以下の19名です。

 

<第13回「未来抽象芸術展」出展者>

飯田哲夫、石黒隆宗、井出志保子、上野謙介、ウチダミズホ、小河泰帆、片桐とみか、金子真理絵、菅広、桐健二、鈴木智香子、タシロサトミ、TADASUKE、建部弥希、田辺修、坪内嘉緒里、Painter kuro、松林彩子、日比野猛(インスタレーション)

【第13回「未来抽象芸術展」-全労済ホール/スペース・ゼロ】7月18日(水)まで開催中

 

会期は18日まで。会場が広いので、スケール感のある作品が並んでいます。

大きな作品はエネルギーも大きいです。それは作家さんたちのエネルギーそのものでもあります。

ぜひそれを感じてもらいたいです。

また、毎日15:30~には「ミニ・アーティストトーク」も行われています。当番で会場に来ている作家さんによる“日替わりミニミニトーク”です。かなり評判いいみたいです。

 

<第13回 未来抽象芸術展>
会期:2018年7月8日(日)〜7月18日(水)
時間:12:00〜19:30(最終日17:00まで)
会場:全労済ホール/スペース・ゼロ
住所:渋谷区代々木2-12-10 全労済会館
電話:03-3375-8741(代)
お休み:会期中無休
入場無料
ホームページ:http://ks-g.main.jp/exhibition/20180708_outside/index.shtml
アクセス:JR線新宿駅南口より徒歩約5分、大江戸線・都営新宿線・京王新線「6番出口」より徒歩約1分
第10回「ZERO-Kゼロケルビン展」スタート。全労済ホール/スペース・ゼロにて、7月6日(金)まで開催中

 

 



 

 

 

繊細かつエネルギーに満ちた日比野猛さんのインスタレーション

冒頭にも書きましたが、あまり時間がなく「1分しかいられない!」と飛び込みでザッと拝見しました。

結局、1分で終わるわけはなかったんですが、中途半端で会場を離れた後、「やはりもう一度!」と思い、用事が済んでから再度拝見しました。

久しぶりにTADASUKEさんとも会えたし、結局はジックリと拝見できなかったんですが、感じたことを書き記しておきます。

 

まずは展示の様子はこんな感じ。

これはもちろん会場の一部です。一人2点の展示が基本のようですので、合計40点以上もの作品が展示されていました。

【第13回「未来抽象芸術展」-全労済ホール/スペース・ゼロ】7月18日(水)まで開催中

【第13回「未来抽象芸術展」-全労済ホール/スペース・ゼロ】7月18日(水)まで開催中

全体的な印象は、「まとまっているなぁ」という感じ。やはり統一感は大事です。全体が穏やかな雰囲気になっていて、気持ちの良い空間でした。とくに上の空間は暖かい空気に包まれていました。

比較すると怒られてしまいますが、第10回目までは作家同士の緊張感というか、バチバチ感があった気がしますが、その辺の部分では物足りない気はしました。

しかし、ついついそのパターンで見てしまいがちですが、そもそも比較すること自体が間違っているとも思います。

ただ、大昔に「未来抽象芸術展」を見たときに、「で、ここで掲げている“未来”ってどういうこと?」という話をTADASUKEさんあたりに投げかけた記憶がいまだに残っています。

そういう部分では、何か過剰に「未来抽象芸術展」に何かを期待している部分もあります。見る側って勝手ですよね。

 

今回のインスタレーションは日比野猛さん

日比野さんが今回のインスタレーションをやると聞いたときから、「いったいどんなことをやってくるのかな?」と思っておりました。

 

こんな感じでした。

 

【第13回「未来抽象芸術展」-全労済ホール/スペース・ゼロ】7月18日(水)まで開催中

会場の吹き抜け部分に設置されたメインのオブジェは「ラミン」という輸入木材を使用しています。

木材を三角形に組み合わせ、さらにねじ曲げて変形させたフォルムは、まるで大きく翼を広げ空高く飛んでいく鳥のような印象です。

ねじ曲げることで生まれる反発力によって“静的エネルギー”が内包されています。会場の空調などと相まってゆっくりと動く様は、美術家の持っているエネルギーの象徴のようにも感じさせられました。

日比野さんならではの繊細さ、またフォルムから感じさせる曲線美なども含めて、非常に魅力的な作品でした。

会場には試作品として竹や他の木材によるミニチュアも多数展示されていました。実際に触って弾力というか反発力を感じさせてもらいましたが、なかなかのエネルギーでした。

メイン作品はスケールもでかいので、耐久性も含めて、見た目よりもかなり苦労されたと思います。

薄い板を組み合わせただけではなく、さらに板の両サイドに補強を加えて「H型」にしているとおっしゃってましたが、ヘタすれば折れちゃいますし。

 

 



 

 

 

展示では作家さんや関係者に見えない情報を尋ねた方がいい

先程、「未来抽象芸術展」の“未来”ってどういうこと? なんて話を書きましたが、この展覧会のテーマは挑戦することを掲げています。

 

いつも思うのですが、

挑戦するってどういうことなんでしょう。

 

見た目が変わっているのも挑戦なんだとは思います。単純にわかりやすいですし。

今回でいえば、言われるまで小河泰帆さんの作品だとは思わなかったし、上野謙介さんも版画を出してると思っていたので探しちゃいましたし。

 

しかし、見た感じは大きく変わらなくても挑戦という場合もあります。

 

さらに昔から見ている作家さんだと直感的に違う部分はわかりますが、初めて見る場合は比較しようもありません。

今回、会場にいらっしゃった鈴木智香子さんから今回の作品のことをうかがって、「なるほど! そういう挑戦だったのか!」と感じるとともに、やっぱり挑戦した部分を書いておいてもらうと二度美味しいかもなぁ。。。などと勝手に思ってしまいました。

私もイベント主催している側なので、外野がアレコレと口を挟むことではないのは承知しております。実際、主催者は外部から言われる90%以上のことは自分でわかっていますから。

なので、挑戦した部分の表記云々は別として、展示に行かれた方は作家さんや関係者に見えない情報を尋ねてみるといいです。

 

きっと見方が違ってきますし、

味わいも変わってきます。

 

展示は18日(水)までです。暑い日が続いており外出も億劫になりがちですが、美術館以外でこれだけスケールが大きく、力のある作品を見られる機会はあまりありません。

ぜひお出かけください。

それにしても第13回目ですか。増田さん& TADASUKEさん、無事開催おめでとうございます。そして、お疲れ様です!

 

よかったらチェックしてください
facebookページでは、お世話になった作家さん情報&ハート・トゥ・アート開催情報もイチ早くお伝えしています。下のボックス内で「いいね!」を、さらにfacebookページ記事を「シェア」「コメント」をしていただければ幸いです。すごく励みになります。

ツイッター
https://twitter.com/heart__to__art

『ハート・トゥ・アート』公式サイト
http://www.heart-to-art.net/

イベント制作の相談、企画、協力なども可能な範囲で行っております。また、『ハート・トゥ・アート』活動のサポーターも随時募集中。面白い人たちと面白いことをやりたい人は渡辺までご連絡ください。

 

過去記事整理中★興味のある方はこちらからどうぞ
http://www.heart-to-art.net/BLOG/category/memory/

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-展示紹介
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スサイタカコさんの個展『アリクイ舌ベロの妄想2』

スサイタカコさんのウョウョなニンギョウたち

月曜日の夜に「第3回東京国際美術祭2017」の流れで相馬博さんと四ツ谷荒木町「番狂せ」へ。その時に撮ってもらった写真を送ってもらったので、展示の感想と合わせてアップしておきますね。   目次 …

三鷹「古本カフェ&ギャラリー点滴堂」・企画展『みつあみラプンツェル』

三鷹「古本カフェ&ギャラリー点滴堂」さん、居心地良かった

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。なにげにiTunesの再生回数トップ25を見てみたら、トップはNickelbackの『If Everyone Cared』でした。そ …

如月愛さん個展『-TAKAAMAHARA-』は21日より3月4日まで、横浜中華街art Truthにて

如月愛さん個展『-TAKAAMAHARA-』は21日より3月4日まで、横浜中華街art Truthにて

目次1 如月愛さん個展『-TAKAAMAHARA-』は、高天原のことかな2 横浜中華街では「春節」も行われています3 如月愛さんアーカイブ 如月愛さん個展『-TAKAAMAHARA-』は、高天原のこと …

【ミラーボールによるインタラクティブアート】海月岳人個展12日まで稲毛で開催中

【ミラーボールによるインタラクティブアート】海月岳人個展12日まで稲毛で開催中

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。現在、「千葉市民ギャラリー・いなげ」にて海月岳人さんが個展開催中。12日までです。展示は自作ミラーボールをふんだんに使ったインタラク …

現在の集大成を展示中! 大阪阿部服J.K.さん個展『Windy&Warm-三寒四温-』は27日(火)まで

現在の集大成を展示中! 大阪阿部服J.K.さん企画展『Windy&Warm-三寒四温-』は27日(火)まで

目次1 大阪市中央区南船場「ai gallery (アイギャラリー)」で27日まで!2 テスト運用〜モーメントでの阿部服とのやりとり3 2018年から2019年にかけて「エコーズ(絵交図)11」でお世 …

スポンサーサイト




プロフィール

『ハート・トゥ・アート』渡辺です。どうぞよろしくお願いいたします。イラストは如月愛さんが描いてくれた「まんまる似顔絵@なべバージョン」です。

地域密着型アートフリマの老舗的存在である『ハート・トゥ・アート』代表。アート全般の情報から、『ハート・トゥ・アート』でお世話になったアーティストさんたちの展示&イベント情報、活動日記など、表現活動にまつわることを中心に記事にしています。

>>『ハート・トゥ・アート』詳細

>>お問い合わせ

>>プロフィール

(連載)めざせマスカラス! ファイティングアーティストのセルフプロデュース術
(不定期連載)展覧会情報 レビュー/プレビュー



Translate This site(Google Translate)

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930