展示紹介

石原実さんの繊細かつダイナミックな「マーブル染め」

投稿日:2017-06-14 更新日:

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。最近は筋力アップとデトックスに重点を置いた生活を心がけています。

「こどもフェア2012」装飾 碧ゆらりさんラフ画
画像は9月16〜18日に向けて「こどもフェア」の振り返りシリーズです。しばらく舞台裏も含めて紹介していきます。このラフ画は、「こどもフェア2012」装飾に関するもので、碧ゆらりさんが描いたもの。ゆらりさんは第1回ハートに参加した作家さん。名前のとおり、作品からは優しい気持ちの揺らめきが伝わってきます。
※この時の記録→ https://www.facebook.com/pg/HEARTtoART/photos/?tab=album&album_id=355790547840165

 

「マーブル染め」と「墨流し」

「マーブル染め」は水の上に色を浮かべて模様を作り、その模様を生地などに転写して染める手法です。「墨流し」と最も異なる部分は、模様を浮かべる水の粘度の違い。「マーブル染め」の方が粘度が高いので、より繊細で多様な模様を表現することが可能です。

マーブル技法の起源に関しては諸説もあり、はっきり断定できないようですね。だいたい15世紀あたりというのが有力のようです。

マーブル紙フィレンツェの伝統工芸として有名です。ゆとりがあったらマーブル紙つくりの体験旅行に行きたいですね。

ちなみにマーブルは、英語で「大理石」や「おはじき」という意味です。蛇足っぽい情報でしたね。

蛇足ついでに昔の記憶を。

マーブルというと円谷プロの『ウルトラQ』のオープニングが頭に浮かびます。でも、冷静になって考えると、あれはマーブルというよりも墨流しの方が近いかな? 検索して画像を見てみると、やっぱりマーブルっぽいかな。

『ウルトラQ』のオープニングタイトル映像

 

石原実さん染色展『雨過天晴の時』 @阿佐ヶ谷「アートスペース煌翔」

さて本題。

6月14日に石原さんのマーブルを見たくて行ってきました。会場は阿佐ヶ谷の「アートスペース煌翔http://www.kohsho.co.jp/Art_Space_top.html

石原実さん染色展『雨過天晴の時』

石原さんはとても高度な技術でマーブリング作品を作られています。タピストリー、スカーフ、扇子などなど、どれも見入ってしまう繊細な模様ばかり。こういう品物を母親にプレゼントできるようになりたいものです。

実際にプレゼントできてないオレは親不孝者ですね。情けない。

写真の巨大なタピストリーが圧巻でした。今後、マーブル染めが抽象画として昇華されていくような印象。こういう作品を見ると、次回がとても楽しみになってきます。

石原実 巨大なタピストリー マーブリング作品

今回は柿渋などで染めた額装の半立体作品、クラゲ模様の日傘など、新鮮な作品も並んでいました。

さりげなく隅には友禅作品も。

シッカリとした作品を見るにつけ、つくずく自分は感性と技術が伴った作品が好きなんだなぁ。。。と再確認させられます。

 

職人の仕事が激減している。このままでは日本の文化が危うい

飾られている友禅作品をきっかけに、石原さんと職人に関して話をさせていただきました。

現在、友禅職人の仕事は激減しているそうです。石原さんは「最盛期の1/100くらいじゃないですか」とおっしゃってましたが、これは非常に残念なことです。

以前に仕事で全国の職人の方を取材した頃がありました。20年くらい前です。その頃からすでに「このままだと職人さん、ヤバイぞ・・・」という危機感を抱かせる状況でしたが、さらに悪化しているようです。

オリンピックもあるらしいですし、これからさらに日本の伝統文化は注目されていくでしょう。そんな動きが少しでも状況の悪化の歯止めになればいいのですが。。。

でも、真面目に書くと長くなるのでヤメますが、現実は注目されるだけでは職人の状況が解決するかどうか疑問が残ります。

ジャンルによっては若い人が頑張っているみたいですが、正当な部分で技術が受け継がれてはいないことが多いとも感じます。

 

20年前でもオレから見ると「それは職人仕事じゃないじゃん。マニュアルで見せかけだけ真似した商品でしょ?」みたいなものが堂々と職人仕事として売られている現実がありました。

 

結局、最後は似非伝統工芸商品だけが潤うだけになってしまうのでしょうか。

それも時の流れなんでしょうか。

日比野治三郎さんマドレー染め京都女子大学で復活したような例もありますね。諦めてはいけないです。

獣医学部新設よりも伝統工芸学部を新設した方がいいのに・・・。

ま、批判しても何も変わらないから、オレはオレができることをやることだけ。やらなくちゃいけないこと、やりたいことは山ほどあるのに、何もできてないし。。。

 

宣伝01ハート・トゥ・アート9月に開催。参加者募集中です。
http://www.heart-to-art.net/heart16.html

 

宣伝02ハート・トゥ・アートのfacebookページもよろしくです〜〜!
お世話になった作家さんの展示情報を中心にシェアもしてます。
https://www.facebook.com/HEARTtoART

 

<余談>
マーブルについて検索したら、貴田 庄(きだ しょう)さんという方の著作がヒットしました。全然知らない方。映画評論家がメインのようだけど、書物史家&工芸家でもある?? さらに検索してみると松岡正剛氏のサイトで『レンブラントと和紙』http://1000ya.isis.ne.jp/1255.html)が紹介されていました。えっ? 「ジャポニズムは17世紀にこそ始まったというべきである」ですって?? かなり興味深いんですけど。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-展示紹介
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

時間の流れ、歴史の積み重ねと向き合える展示『未象の庭2017―荻野哲哉展』

時間の流れ、歴史の積み重ねと向き合える展示『未象の庭2017―荻野哲哉展』

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。寒いですね。思わずドラッグストアで「ホッカイロ」を箱買いしてしまいました。なんとなく今年は風邪にやられてしまいそうな気がするので、で …

『血塗地獄展(ちまみれじごくてん)』 高円寺Terrapin Station(テラピンステーション)

幻想耽美×ホラー×シリアルキラー=『血塗地獄展』

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。マジでブログアップが遅い。というか、アップロードに時間がかかりすぎでイライラモードです。多分、YOU TUBEのアップロードと同時並 …

「座高円寺」での『Koenji Conran Exhibition 2017』展〜松本大志・念形師家元 須永健太郎・SUI the TOKYO・平山達也 (tAt)

「座高円寺」での『Koenji Conran Exhibition 2017』展はもうすぐ終了。週末にGO!

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。しばらくブログ更新しないとwordpressの使い方を忘れちゃいますね。まったく・・・。ちゃんとブログくらい更新できないとダメですね …

高円寺「Terrapin Station」で『大興奮家族展』開催。これ、必見!

高円寺「Terrapin Station」で『大興奮家族展』開催。これ、必見!

『ハート・トゥ・アート』渡辺(@heart__to__art)です。ハート16は無事に大きな事故もなく終了しました。ご来場のみなさま、アーティストの方々、関係者のみなさまに感謝いたします。ありがとうご …

岡本太郎と草間彌生の版画展

岡本太郎と草間彌生の版画展

せっかくだから無理して続けて活動日記を書いておく。溜め込むと挫折しそうだし。でも、無理するとかえって挫折するかもしれないな。。。普通はそう考えるか。。。 ヤバそうになったらさらに背負うってパターンって …

スポンサーサイト




プロフィール

『ハート・トゥ・アート』渡辺です。どうぞよろしくお願いいたします。イラストは如月愛さんが描いてくれた「まんまる似顔絵@なべバージョン」です。

地域密着型アートフリマの老舗的存在である『ハート・トゥ・アート』代表。アート全般の情報から、『ハート・トゥ・アート』でお世話になったアーティストさんたちの展示&イベント情報、活動日記など、表現活動にまつわることを中心に記事にしています。

>>『ハート・トゥ・アート』詳細

>>お問い合わせ

>>プロフィール