色に関する雑学

ホワイトハウスの名前の由来は? | 色に関する雑学

投稿日:

アメリカ合衆国大統領が居住するホワイトハウスとはどのような施設?

ホワイトハウスはアメリカ合衆国大統領が居住し、執務を行う官邸・公邸の建物。合計で132室あり、スタッフらを含めると、450人程度が常時働いています。毎年の修繕費は160万ドル(約1億7600万円)計上されているそうです。

 

ホワイトハウスの名前の由来は? | 色に関する雑学
By Ingfbruno (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
White House North side

 

主要な4つの建物「エグゼクティヴ・レジデンス」「ウエストウイング(西棟)」「イーストウイング(東棟)」「アイゼンハワー行政府ビル」で構成されており、ローズ・ガーデン、ジャクリーン・ケネディ・ガーデン、北庭、南庭の4つの庭があります。総称して「ホワイトハウス・コンプレックス」と呼ばれています。

 

ホワイトハウスの名前の由来は? | 色に関する雑学
By The White House / WTCA [Public domain or Public domain], via Wikimedia Commons

 

 

建設時はグレーだったホワイトハウスが戦争で焼失

ホワイトハウスの建設が開始されたのは初代大統領のジョージ・ワシントンのときで、1792年でした。着工から8年後、1800年11月に完成。最初にこの大統領官邸に入居したのは2代目大統領のジョン・アダムズでした。

1814年、「米英戦争」の際にイギリス軍の焼き討ちにあったホワイトハウスは大半が焼失してしまいました。終戦後の1815年、「アメリカ合衆国の憲法の父」と呼ばれる第4代大統領ジェームズ・マディソンは、焼け残った外壁を使って焼失前とほぼ変わらない官邸を再建させました(1817年に完成)。

それまでグレーだった建物を現在のように白く塗装したことから「ホワイトハウス」と呼ばれるようになりました。

ちなみに現在でも戦火で焼けこげた壁の一部は保存されており、トルーマンバルコニーから見ることができるそうです。

 

 

通称から正式に「ワシントン・ホワイトハウス」と命名される

1902年に第26代大統領セオドア・ルーズベルトがウエストウイングを増築し、二階を居住空間に全面改装。さらに一階部分も改修が施されました。これを期に通称だったホワイトハウスは公式に「ワシントン・ホワイトハウス」と命名されました。

 



 

 

ホワイトハウスに関する名言・迷言

『ここより中は孤独の部屋だ』(ルーズベルト/ホワイトハウスの前で)

『The buck stops here.(「全責任を自分が負う」という意味)』と書かれた置物を置いていました。(ハリー・S・トルーマン)

『サーシャとマリーア。君たちにはちょっと想像もつかないほど、お父さんは君たちを愛しているよ。君たちふたりもがんばったから、約束した通り、ホワイトハウスには、新しく飼う子犬を一緒に連れて行けるよ』(バラク・オバマ/二人の子どもに対して)

『ホワイトハウスに実際に住んでみるまで、自分が何を理解していないか、ということすら分からないものよ』(ファーストレディ、ミシェル・オバマ)

『私は怒っている。ホワイトハウスの爆破も考えた。でも何も変わらないし、絶望してはいけない』(マドンナ/反トランプのデモにて)

『あのホワイトハウスはすごいゴミためだから』(ドナルド・トランプ/ゴルフのプレイ相手に)

『ホワイトハウスが大好きだ、あれほど美しい建物(住宅)はめったに見たことがない』(ドナルド・トランプ/上記の言葉が報道されたこと受け、否定するツイートをした)

 

 

 

ホワイトハウスで結婚式を行った大統領がいた!?

第22代および24代アメリカ合衆国大統領、スティーヴン・グロバー・クリーブランドは歴代大統領で唯一、「連続ではない2期」を務めた大統領です。ニューヨークの自由の女神像の除幕式に参加した大統領としても知られています。

 

ホワイトハウスで結婚式! スティーヴン・グロバー・クリーブランド | 色に関する雑学
Frederick Gutekunst [Public domain], via Wikimedia Commons
スティーヴン・グロバー・クリーブランド

 

歴代アメリカ大統領の中で唯一、ホワイトハウスで結婚式を行った大統領としても有名です。第1期大統領就任時は独身でしたが、就任翌年に21歳のフランシス・フォルソム嬢と結婚式をあげました。クリーブランドは49歳でした。

 

 

絵画が趣味の大統領たち〜ドワイト・デヴィッド・アイゼンハワー

アメリカ国民からはアイク(Ike)の愛称で親しまれた第34代大統領のドワイト・デヴィッド・アイゼンハワーはかなり絵画が好きだったようです。

 

絵画が趣味の大統領たち アイゼンハワー
出典:http://www.americanheritage1.com/presidents/dwight-d-eisenhower.htm
『PRESIDENT EISENHOWER – AT HIS EASEL』

 

アイゼンハワー大統領は75歳で初めて油絵の道具を揃えて絵をはじめた米国の国民的な画家であるグランマ・モーゼスに牧場の絵の依頼をしています。

亡くなるまで大統領の肖像画を手掛けたノーマン・ロックウェルが最初に描いた大統領はアイゼンハワーでした。もしかするとアイゼンハワー自身が依頼したのかもしれません。

 

 

絵画が趣味の大統領たち〜ジョン・F・ケネディ

ケネディ家はアメリカ屈指の名門血族でしたので、ケネディ自身もかなり多趣味だったようです。セーリングをこよなく愛していたケネディの最後の絵は、ヨットでした。

 

絵画が趣味の大統領たち〜ジョン・F・ケネディ
出典:http://kennedys.tumblr.com/page/16
ヨット遊びをするケネディとジャクリーン

 

 

絵画が趣味の大統領たち ケネディ
出典:https://twitter.com/BeschlossDC/status/933079104471162881/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.huffingtonpost.jp%2F2017%2F11%2F22%2Fjfk_a_23286046%2F
暗殺前日、ホテルのメモにケネディが描いたヨットの絵(アメリカの歴史家マイケル・ベシュロス氏のツイートより)

 

 

絵画が趣味の大統領たち〜ジョージ・W・ブッシュ

第43代大統領のブッシュは引退後に絵を描き出しました。ウインストン・チャーチルの『 Painting as a Pastime(暇つぶしとしての絵描き)』という本がきっかけだったそうです。

アフガニスタンやイラクで負傷した軍人たちのポートレート『Portraits of Courage: A Commander in Chief’s Tribute to America’s Warriors』が有名です。

 

絵画が趣味の大統領たち ジョージ・W・ブッシュ
出典:http://www.idahostatesman.com/living/article136741098.html
「We sensitive artists are consumed in our art」と笑うブッシュ氏

 

 



 

 

ホワイトハウスに飾られている絵画・美術品はどんなもの?

バラク・オバマが大統領に就任した際には47点の美術品を美術館から借り受け、ホワイトハウスに飾りました。

土器や陶器が多かったようですが、ウィンスロー・ホーマーやエドガー・ドガ、マーク・ロスコ、ジョセフ・アルバースらの抽象画家の作品も選びました。

 

ホワイトハウスに飾られている絵画・美術品はどんなもの?
出典:https://www.npr.org/2017/01/23/510601240/how-a-work-of-art-makes-it-onto-the-wall-of-the-white-house
『How A Work Of Art Makes It Onto The Wall Of The White House』(© NPR)
スーザン・ロゼンバーグの馬の絵

 

トランプ氏がどのような絵を追加したのかは不明ですが、気になるところです。

 

 

 

『使用人たちが見たホワイトハウス~世界一有名な「家」の知られざる裏側』

『使用人たちが見たホワイトハウス~世界一有名な「家」の知られざる裏側』はニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー第1位に輝いたノンフィクション!

ホワイトハウスでケネディからオバマまでの歴代大統領に仕えた数多くのスタッフたちへの徹底取材をまとめた一冊です。ケネディが夫人の留守を狙って次々と女性をホワイトハウスに招じ入れていた話、ヒラリー夫人に本で殴られて流血したクリントンなど、大統領たちの真の姿(裏の顔?)が紹介されています。

 

 

 

宣伝
よかったら「いいね!」「フォロー」など、よろしくお願いいたします。
ハート・トゥ・アート facebookページ

 

ツイッター
https://twitter.com/heart__to__art

『ハート・トゥ・アート』サイト
http://www.heart-to-art.net/

過去記事整理中★興味のある方はこちらからどうぞ
http://www.heart-to-art.net/BLOG/category/memory/

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-色に関する雑学
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジーンズといえばインディゴ・ブルー。その理由は? | 色に関する雑学

ジーンズといえばインディゴ・ブルー。その理由は? | 色に関する雑学

目次1 ジーンズは1850年代、アメリカ西部で誕生2 なぜにジーンズはブルー? 害虫除け? ガラガラヘビ除け?3 ジーンズにちなんだ名言4 ジーンズとアート「 Levi’s Sculptu …

スポンサーサイト




プロフィール

『ハート・トゥ・アート』渡辺です。どうぞよろしくお願いいたします。イラストは如月愛さんが描いてくれた「まんまる似顔絵@なべバージョン」です。

地域密着型アートフリマの老舗的存在である『ハート・トゥ・アート』代表。アート全般の情報から、『ハート・トゥ・アート』でお世話になったアーティストさんたちの展示&イベント情報、活動日記など、表現活動にまつわることを中心に記事にしています。

>>『ハート・トゥ・アート』詳細

>>お問い合わせ

>>プロフィール

(連載)めざせマスカラス! ファイティングアーティストのセルフプロデュース術
(不定期連載)展覧会情報 レビュー/プレビュー



Translate This site(Google Translate)

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930